通信制高校

「学費の安い通信 高校が見つかる!」通信制高校を沖縄県で探している方におすすめ

沖縄県で通信制高校を探している方には、「ズバット通信制高校比較」が一番おすすめ。一番学費の安い通信制高校が見つかりますし、沖縄県で通信高校を探すのは大変だからです。

 

「ズバット通信制高校比較」を活用すれば無料で全国の通信制高校の資料がてにはいります。資料を見ながら横の比較をすることで、あなたにぴったりのサポート校や学費が安い通信制高校がみつかりますよ。

 

そういうことで、通信制高校を探している方のために沖縄県で活用できる「ズバット通信制高校比較」を紹介します。

 

通信制高校,ズバット通信制高校比較

ズバット通信制高校比較

>>ズバット通信制高校比較の公式サイトへ<<

 

【追伸】資料請求は無料ですからやらないと損します。

沖縄県で通信制高校比較を利用した方の口コミ

サポート校についても知りたかったので、一緒に資料請求ができたのが良かった。

ネットで見ていてもよくわかんないから、資料請求した方が結果的に早かった。

通信制は暗いイメージがあったのですが、部活などもありイメージが変わりました。

沖縄県で人気の通信制高校

  • 沖縄県 通信制高校
  • 通信高校
  • サポート校
  • 高卒認定予備校
  • 高等学校
  • 卒業
  • 高卒
  • 学費
  • 入学
  • 通信制高校 沖縄県

ズバット通信制高校比較

>>ズバット通信制高校比較の公式サイトへ<<

通信制高校ってどんな学校?どんな人が通うの?

通信制高校,自分のペース,アスリート

通信制高校は、通信教育で高校の学習をすることができる学校です。

 

一般的な沖縄県の高校(全日制高校)は朝から夕方まで、定時制高校は夕方から夜にかけて授業があります。

 

一方、通信制高校は自分のペースで沖縄県の学校に通い、単位制なので卒業要件を満たす単位をとれば卒業できる仕組みになっています。「通う」といっても、自宅での学習が基本です。

 

いろいろな人のニーズに応えることができるのが通信制高校なので、「勉強をしたい」、「高等学校課程を修了したい」という意思があれば、誰でも入学できます。

 

入学時期は4月だけでなく10月に入学することも可能で、絶対に3年で卒業しなければならないということはありません。自分のペースで単位を修得し、3年以上をかけて卒業することもできます。

 

では、沖縄県の通信制高校にはどんな人が通っているのでしょうか。

 

通信制高校に通っている人の多くは、スポーツなど専門的なことに取り組む時間を多く必要とするアスリートや趣味に時間を費やしたい人、病気などがあって一般的な高校に通うことが難しい人、集団生活が苦手な人などです。家の仕事やアルバイトをしながら通う人もいます。

 

ひとくちに「通信制高校」といっても、たくさんの学校がありますし、かかる学費も学校によってさまざまです。

 

通信制高校に通うことを検討している人は、資料を取り寄せるなどして自分に合う学校を選んでみてくださいね。

多くの人に学びの機会を!通信制高校に注目

通信制高校,お墨付き,レポート

沖縄県の通信制高校が昨今において話題を集めるようになってきました。教育に対する考え方が多様化していることの表れなのかもしれません。

 

そもそも、通信制高校とはその名前の通りに通信で学ぶことが主体となります。一般的な沖縄県の昼間に通う学校に比べた場合には、かなり授業時間が短縮されることになるでしょう。それでありながらも、一般的な高校を卒業したと同様の位置付けとなります。これは、学校教育法にもしっかりと謳われています。いってみれば、れっきとした「お墨付き」を得られるのです。

 

通信制高校を選択する人の大部分は、仕事や病気などの影響で全日制の高校に通うことが難しいなどの理由があります。「限られた時間」を使っての登校を余儀なくされるため、時間割を組むことも簡単ではありません。

 

通信制高校の一部には合宿を実施し、それに参加することで単位認定されることもあります。定時制は基本的には4時間であり、「短すぎる」という感想を持つ人も多いのではないでしょうか。

 

「スクーリング」という言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。これは、通信制高校ならではの取り組みです。このスクーリングに加えて、レポートを提出することで単位取得となります。

通信制高校はその後の人生を考えて選ぶべき

通信制高校,ハードル,体験授業

何らかの理由で全日制高校を辞めたいけれども高卒資格は取りたい生徒にとって,選択肢の1つに,沖縄県の通信制高校への転入または編入があります。

 

どの通信制高校も基本的に全日制高校に在籍していた時に取得した単位を引き継ぐことができ,残りの学習をして単位を取ることで,1年生まで終えた生徒は残り2年で,2年生まで終えた生徒は残り1年で高卒の資格を取ることができます。もちろん年度の途中でやめる場合も,そのまま引き続き沖縄県の通信制高校で勉強を続けることで,同じ年齢の生徒と同じ年に卒業することができるわけです。

 

高卒の資格を取るために通う生徒が多い学校なので,どの学校も,学習内容ややらなければならない課題については,ハードルを低く設定していて,最低限のレポートを提出したりスクーリングに参加することで単位を取り卒業できる仕組みになっています。とは言っても,いろいろな特色を持った通信制高校がありますから,自分のその後の人生の目標につながるような学校を選ぶ必要があります。

 

確実に卒業だけすればいいのか,大学へ進学したいのか,専門学校へ進学したいのか,就職したいのか,美容やアニメなどの何か特別な技能を身につけたいのか,通信制高校には様々な特色や学校独特の強みがあります。体験授業や見学に何度でも参加して見極めたうえで,転学先を選んでほしいです。

増えてます!通信制高校ってどんな学校?

通信制高校,全日制高校,定時制高校

近年、学び方も多様化し、通信制高校を選択しようかな?と考えている方も多いと思います。
通信制高校とはどんな学校なのでしょうか。

 

通信制高校と、全日制高校、定時制高校の違い
通学スタイル
  • 通信制高校・・・必要に応じて通学。基本的に自宅学習。
  • 全日制高校・・・毎日通学。授業は朝?夕方。
  • 定時制高校・・・毎日通学。授業はおよそ4時間で、夕方?夜に行う。
単位制か学年制か
  • 通信制高校・・・多くが単位制
  • 全日制高校・・・多くが学年制
  • 定時制高校・・・学年制と単位制がある。単位制が増えている。
卒業するための条件
  • 通信制高校・・・卒業要件を満たすと卒業
  • 全日制高校・・・3年を終了すると卒業
  • 定時制高校・・・卒業要件を満たすと卒業。4年かかるのが一般的

 

どんな人が通っている学校?

沖縄県の通信制高校は、プログラミングなど自分が集中したい勉強に専念している人や、スポーツなどに専門的に取組んでいる人などが通っています。また、病気を持っていたり、不登校だったりと事情を抱えている人も多く通っています。
どんな事情があっても、学ぶ意欲がある人は誰でも入学することができます。

 

通信制高校のメリットとデメリット
メリット

自分のペースで学習を進める事ができる。時間の制約がないので趣味や仕事との両立が可能。卒業資格は沖縄県の全日制高校と同じ。

デメリット

自己管理能力が求められる。登校が少ないので友達ができにくい。内容がやさしくて大学受験には不向き。

 

通信制高校の入試

基本的に、書類審査・作文・学力試験・面接で行われます。受験者の今の学力を確かめる事が目的なので、落ちることは滅多にありません。

 

通信制高校の学費

公立は私立に比べ格段に安くなっています。初年度にかかる費用はおよそ3万円(就学支援金が支給された場合はおよそ2万円)です。私立に関しては、学校により、また通学日数によっても変わってきますので、よく調べる事が必要です。

 

 

最近はネット環境の発達により、通信制高校も多様化していますので、情報を集めて検討されることをお勧めします。

通信制高校なら自分の都合最優先な自宅学習が可能

通信制高校,スポーツ,芸能活動,e-ラーニング

諸事情があって既に通っていた高校を中退してしまったり、発達障害があり他の学生と机を並べて学ぶ事が困難だったり、あるいはスポーツや芸能活動との両立を図りたかったりと、様々な事情を持つ若者に高校卒業資格のチャンスを与えてくれるのが沖縄県の通信制高校です。

 

通信制高校が持つ最大の持ち味は、一般の沖縄県の高校の様に日々登校する必要が無く、学習時間の多くを自宅学習に充てる事が出来る、という点にあります。自分の都合を最優先に学習スケジュールを組み立てられる他、プライバシーもしっかり守られ、周囲を一切気にせずマイペースで学習出来る、と言う点は大きいでしょう。

 

ただ通信制高校の大半がスクリーニングや添削指導の場を定期的に設けており、その際は必ず学校に通い授業を受けなければなりません。またそれまでに、課せられたレポートを各科目ごとに提出しなければならず、自由度が大きいとはいえ、自宅学習でも決して手は抜けません。

 

また通信制高校は一般の高校と違い、単位制を導入しているというのもユニークな点でしょう。学年制を導入する一般の高校では、単位を一つでも落とすと留年となってしまいますが、単位制なら未修得でも次の学年に繰り越せる為、単位が不足していても無事に進級する事が出来るのです。

 

各科目の単位修得には上記のスクリーニングや添削指導を必要数こなした後、単位認定試験に合格する必要があります。ただ多くの通信制高校がe-ラーニングを始め充実したオンライン教育を導入しており、自宅でもスムーズに学力を高める事が出来ます。

通信制高校は高校卒業の資格を得ることができる

通信制高校,進級,学業

学校に通うというのは、当たり前のように感じてしまいますが、いろいろな事情でそれが難しくなってしまうことがあります。それは経済的な理由とか、クラスになじめないこと、いじめに遭遇することもあるでしょう。あるいは単につまらない、面白くない、沖縄県の学校に通うことにモチベーションがないなど、気力を失ってしまっているケースもあります。そのような人たちが、学業を続けるために活用したいのが通信制高校です。

 

通信制高校は、沖縄県の全日制のように毎日学校に通うというスタイルではありません。それに、通信制高校の場合には、在籍していれば、それで高校卒業という資格を得ることができるのです。

 

全日制の場合には、一定数通い続けないと進級ができず、途中でやめてしまえば、それで高校卒業という資格ではなく、中卒扱いとなってしまいますが、通信制高校の場合には、そうした扱いにならないのは大きなメリットです。

 

学校には通いたくないが、高校は卒業したいと思っている人たち、不登校になってしまった人たちが、選択しやすいのが通信制高校の良い点であり、活用できます。

 

そして通信制高校のプログラムをすることで、これまであまりやる気がなかったのが、学業に再び向き合うことができるようになりやる気が出る人は少なくありません。

高卒認定と通信制高校,どちらを選ぶべきか

通信制高校,専門学校,高卒認定試験

全日制高校を辞めざるを得ないけれども,高卒の資格が取りたい生徒,その後大学や専門学校へ進学したい生徒の進む道は,大きく2種類あります。

 

1つは,高卒認定試験を受けて高卒と同程度の学力があると認定されることです。試験を受ける科目はある程度選択でき,難易度は決して高くなく比較的基本的な問題が多く出題されます。

 

各科目7割程度得点できれば合格となり,必要な科目に合格すれば大学等も受験することができます。

 

高卒認定試験を受けるメリットは,ある程度の学力があれば独学でも合格できるレベルなので,費用が抑えられる点です。デメリットは,挫折したり途中で諦めてしまいやすいことです。

 

独学で勉強するにせよ,塾に通って学習面でのサポートを受けるにせよ,目標をしっかり持ってある程度自己管理ができる生徒にはよいですが,意思が弱くて安きに流れてしまうような生徒の場合は危険です。また,高卒認定試験に受かると,その後大学進学すれば最終学歴は大卒となりますが,そうでない場合は中卒になります。あくまでも大学を受ける資格をもらえるというだけなので,高卒の資格は得ることができません。

 

2つめは,通信制高校へ転学して単位を取り,同じ年齢の生徒と同じ年に沖縄県の高校を卒業して進学する方法です。

 

メリットは,高校から受けるサポートにより途中で挫折しそうになってもなんとか踏ん張ることができる場合が多いことです。また,高卒認定試験と違い,通信制高校を卒業すればひとまずその時点で高卒の資格を得られることです。

 

デメリットは,通信制高校の学費がかかることです。沖縄県の学校によってその費用は様々ですが,手厚いサポートが受けられる通信制高校ほど高額である傾向です。以上のメリットとデメリットを踏まえて,高卒認定試験に臨むのか,通信制高校に転学するのか,慎重に判断したいところです。

ズバット通信制高校比較

>>ズバット通信制高校比較の公式サイトへ<<

通信制高校の沖縄県対応地域

那覇市 宜野湾市 石垣市 浦添市 名護市 糸満市 沖縄市 豊見城市 うるま市 宮古島市 南城市 国頭郡国頭村 国頭郡大宜味村 国頭郡東村 国頭郡今帰仁村 国頭郡本部町 国頭郡恩納村 国頭郡宜野座村 国頭郡金武町 国頭郡伊江村 中頭郡読谷村 中頭郡嘉手納町 中頭郡北谷町 中頭郡北中城村 中頭郡中城村 中頭郡西原町 島尻郡与那原町 島尻郡南風原町 島尻郡渡嘉敷村 島尻郡座間味村 島尻郡粟国村 島尻郡渡名喜村 島尻郡南大東村 島尻郡北大東村 島尻郡伊平屋村 島尻郡伊是名村 島尻郡久米島町 島尻郡八重瀬町 宮古郡多良間村 八重山郡竹富町 八重山郡与那国町

 

 

page top