Top >  若年性更年期障害の予防と改善 >  若年性更年期障害の予防と改善〜バランスのよい食事

スポンサードリンク

若年性更年期障害の予防と改善〜バランスのよい食事

若年性更年期障害は更年期障害と違い、卵巣の機能自体には問題が無い場合がほとんどのようです。卵巣の機能自体に問題が無い場合、その一番の原因として考えられるのはストレスだと言われています。では、このストレスを解消し、若年性更年期障害の予防や改善をするには、どのようなことに気をつけると良いのでしょうか。

若年性更年期障害の予防や改善のためには、毎日の食事に気をつけるといったことが挙げられます。栄養素だと例えば、ビタミンEは、ホルモンのバランスの調整や、ホルモンの分泌に関与する自律神経のコントロールに効果的であると言われています。また、末梢神経の働きを活性化し、血流を良くする作用があるので、多くの血液が集まる子宮にとっても、大切な栄養素であると考えられます。このように、自律神経の機能低下や血液循環の機能低下に効果があるとされるビタミンEは、青魚やナッツ類、さつまいもなどの食品に多く含まれているようです。比較的摂取しやすい食品ばかりですので、毎日の食事に積極的に取り入れ、若年性更年期障害の予防と改善に努めましょう。

 <  前の記事 若年性更年期障害の予防と改善〜適度な運動  |  トップページ  |  次の記事 若年性更年期障害の予防と改善〜卵巣の機能  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「若年性更年期障害を探る J-更年期.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。