Top >  若年性更年期障害とは >  早発閉経と若年性更年期障害

スポンサードリンク

早発閉経と若年性更年期障害

一般の女性が更年期を迎えると考えられているの時期は、エストロゲンの分泌量が減少し始める40歳代半ばぐらいと言われています。しかし、この更年期の時期を迎える前に、更年期障害と同じような症状が現れたり、骨粗鬆症や生殖器の萎縮、性交痛などの症状がみられる場合は、若年性更年期障害であると考えられます。このような諸症状は、卵巣の機能低下により「早発閉経」になった状態であると考えることができます。「早発閉経」とは、一般の更年期の年代より早く症状などが出始め、43歳未満という若い年齢にもかかわらず閉経を迎えた状態を指し、卵巣内に卵胞が残存していない状態であると確認されると「早発閉経」と診断されるようです。この「早発閉経」の原因としては、先天性な染色体異常による場合と、卵巣機能低下症による場合が挙げられます。「早発閉経」と診断された場合、若年性更年期障害となり諸症状が起こる可能性が高くなりますので、更年期障害同様の予防対策や改善法、治療などが必要となってくるでしょう。

 <  前の記事 若年性更年期障害とは  |  トップページ  |  次の記事 若年性更年期障害の予防と改善〜ストレスの解消  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「若年性更年期障害を探る J-更年期.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。