Top >  若年性更年期障害とは >  若年性更年期障害とは

スポンサードリンク

若年性更年期障害とは

更年期障害の様々な症状は、中高年の女性や男性のみに現れる症状ではありません。若年性更年期障害と呼ばれるものがあります。
女性は、閉経が近づくことにより、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減少し、それによってホルモンのバランスが崩れ、自律神経の働きも乱れが起こるため、更年期の諸症状が現れるのではないかと言われています。日本人女性の平均的な閉経年齢は、50歳前後と考えられており、その前後10年間辺りが、一般的な更年期と呼ばれる時期と言われています。ですので、更年期障害が起こりやすいのも同じ時期と考えられます。
しかし最近では、20代や30代の若い女性にも、生理不順や、月経が止まるなどの、更年期障害と同じような症状に悩んでいる方が増えてきています。これを若年性更年期障害と呼んでいます。
この若年性更年期障害は、ストレスや、過度のダイエットのため偏った食生活や不規則な生活などを続けた結果起こるのではないかと考えられています。更年期障害などの症状がない時期から、このような生活習慣を見直して、若年性更年期障害が起こらないよう心掛けましょう。

トップページ  |  次の記事 早発閉経と若年性更年期障害  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「若年性更年期障害を探る J-更年期.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。